• 子供向けのプログラミングスクールが増えています

    2020年からプログラミング教育が小学校で必修科目となり、文部省から学習指導要領も決まりましたが、実際にどのように授業が行われていくかは学校の裁量で任されている部分も有ります。

    python スクール

    基本的には、プログラミングを通してコンピュータを受け身ではなく活用する力をつけるためにプログラミングの理論的な思考力を身につけることが求められていますが、学校ではどのような科目で実際に授業が行われるかは、はっきりと決まっていないのが現状です。
    教える側の先生も理論的な思考力はもちろん、プログラミングについては全く理解できないと言う先生のためのプログラミングスクールが開催されていて、授業で使う予定のタブレットやパソコンの操作から授業で使われる予定のプログラミングについて学ぶとともに、一般的に使われているプログラム言語や理論的な思考に役立つフローチャートなどを学べるプログラミングスクールが各種開講されています。

    小学生の親にとっては、必修科目になった以上は授業についていけないことへの不安と親が教えられないと考えている方も多く、子供向けのプログラミングスクールに人気が集まっています。



    学習塾のような勉強のために塾に通わせることも有りますが、習い事の一つとしてプログラミングスクールに通っている子供も多く、実際にタブレットやパソコンを使ってプログラミングの基本を学び、作ったプログラムでロボットや自動車を動かしてみると言った授業が行われてます。



    小学校からプログラムを通して理論的な思考力を学ぶことは重要なことなので、プログラミングスクールの需要は増えていくと考えられます。